協議会について


 

構成メンバー

【会長】

  三浦健志

(岡山大学大学院環境学研究科教授)

 

【副会長】

 廣本悦子

(NPO法人おかやまエネルギーの未来を考える会会長)

 

【監査】

 堤孝雄

(NPO法人おかやまエネルギーの未来を考える会)

 

【事務局長】

 井筒耕平

(美作市地域おこし協力隊)

 

事務局:

住所 〒700-0807 岡山市北区南方1丁目6-7
 おかやまエネルギーの未来を考える会内 担当:堤
TEL.086-232-0363 FAX.086-239-3667(エネミラ内)

e-mail: tko1941@gamma.ocn.ne.jp(堤直通)

規約:

2010年10月8日制定

 

(名称)

第1条 この協議会は、岡山県小水力利用推進協議会(以下「協議会」という。)という。

 

(目的)

第2条 協議会は、岡山県全域で小水力発電の普及を図り、地球温暖化防止と地域経済の振興に資することを目的とする。

 

(事業)

第3条 協議会は、前条の目的を達成するため、次の各号に掲げる事業を行う。

(1) 環境省による「地域の小水力発電開発容量拡大事業」に関する協力業務

(2) 岡山県全域での小水力発電普及に関する業務

(3) その他協議会が定める業務

 2 協議会は、前項に定める業務の一部を当該協議会以外の者に委託して実施することができる。

 

(協議会の会員)

第4条 協議会は、次に掲げるものを会員とする。

(1) 市民、行政、企業、団体等、役員会議で承認を受けた個人、組織全てを対象とする。

 

(役員)

第5条 協議会に次の役員を置く。

(1) 会 長 1名

(2) 副会長 1名以上5名以下

(3) 監 事 1名以上2名以下

2 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

 

(役員会議)

第6条 協議会の会議は、会長が招集し、会長がその議長となる。

2 会議は、役員の半数以上が出席しなければ開くことができない。

3 会議の議事は、出席した役員の過半数をもって決し、可否同数の場合は、会長の決するところによる。

 

(役員会議の議決事項)

第7条 会議は、次に掲げる事項について議決する。

(1) 規約の制定又は改廃に関すること。

(2) 事業計画及び事業報告(それに関連する予算及び決算も含む)に関すること。

(3) 協議会における協働事業に関連する分科会の設置及び廃止、に関すること。

(4) 入会及び退会に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、協議会の運営に関すること。

 

(協働事業に関連する分科会)

第8条 協議会に、協働事業などにおいて具体的な対策を実施するための分科会を置くことができる。

2 分科会は、役員又は役員が指名した者、協働事業の実施者をもって組織する。

3 分科会に監事以上の代表1名を置き、メンバーの互選により定める。

4 前3項に定めるもののほか、分科会に関し必要な事項は、会議により別途定める。

 

(関係者の意見聴取等)

第9条 協議会は、活動のため必要があると認めるときは、関係者に対し、出席を求めて説明若しくは意見を聴き、又は資料の提供を求めることができる。

 

(報酬)

第10条 役員は、無報酬とする。

 

(会計)

第11条 協議会の経費は、必要に応じて徴収した負担金その他の収入をもって充てる。

2 協議会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

 

第12条 協議会の名において実施する事業活動の会計はその実施母体となる団体等が責任を持って監査し、その結果を協議会に報告する。

 

(事務局)

第13条 協議会の事務局は、岡山県備前市吉永町吉永中885番地に置く。

2 事務局長は、総会の承認を得て会長が定め、1名任命する。

3 協議会の庶務は、事務局長が総括する。

4 事務局は、会議での決定を受け、協議会一切の事務を執行する。

 

(その他)

第14条 この規約に定めるもののほか、協議会の運営に関し必要な事項は、会議の議決を経て会長が定める。

 

附 則

この規約は、平成22年10月8日から施行する。

 

Hey Visitor!